米沢織 yonezawaori

産地は山形県米沢市、日本の繊維産地の中で最北の産地となります。 米沢藩第9代藩主・上杉鷹山によって、経済的に大変苦しい状況にあった米沢藩の財政を建て直すために産業振興に力を入れ、そのひとつとして武士の婦女子に機織を習得させたのがはじまりと言われています。先進地であった新潟県小千谷から技術者を招き、以前から栽培されていた「青苧」を原料にした織物からスタートし、その後養蚕業を基礎とした絹織物に移行、出羽の米沢織として全国に知られるようになりました。

青苧から始まった素材は絹・人絹・化学繊維と推移、現在は天然繊維と化学繊維の総合産地として知られ、素材と技術にこだわる職人が心を込めて織り上げる米沢織は国内外から高い評価を得ております。

米沢織のその特徴は、自然の染料を生かした「草木染」にあります。 自然素材「絹糸」を自然の染料で染め上げ、織り上げてきた伝統は変わらずずっと続いています。

蚕が作った繭から紡いだ生糸は、撚り合わせられ糸繰機で「カセ」と呼ばれる糸の束にされて、タテ糸、ヨコ糸とそれぞれ染められます。

天然繊維を素材として用いた、強撚糸使い、二重織、三重織、ジャガード、からみ、オーガンジーなどを組み合わせた美しい米沢織ストールをお楽しみください。

米沢織 yonezawaori

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順